Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドクターソワとアンプルールの本当の違いとは|ハイドロキノン

美肌

美白で人気の化粧品といえば、ドクターソワとアンプルールですよね。

 

  • ドクターソワ…アマランスAPP-Cフラセラム
  • アンプルール…ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

 

ドクターソワ「APP-Cフラセラム」とアンプルール「コンセントレートHQ110」にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

そこでこれから、ドクターソワとアンプルールの本当の違いをご紹介していきたいと思います

 

ドクターソワとアンプルールの本当の違いとは|ビタミンCとハイドロキノン

ドクターソワのAPP-Cフラセラム アンプルールのコンセントレートHQ110
ビタミンCの作用で美白効果が期待できるプレ美容液 ハイドロキノンの働きで美白効果が期待できる夜専用スポットケア美容液
一日中使える 日中は使えない
30ml・8,000円(税抜) 11ml・11,000円(税抜)
APP-Cフラセラムはお顔全体のしみ・くすみ対策におすすめ。 コンセントレートHQ110は、スポット的なシミを何とかしたい方におすすめ
ビタミンCは天然由来成分ですので、ハイドロキノンよりも美白作用が緩やかであるといえます。ビタミンCには皮脂分泌を抑制する作用がありますので、まれにお肌が乾燥することがあります。 ハイドロキノンの美白効果は高いといわれています。その反面、まれにお肌に刺激があることがあるそうです。また、ハイドロキノンは紫外線に当たると変質してしまうそうですので、ハイドロキノンは夜のみ使用できる成分ということです。

 

ドクターソワのAPP-Cフラセラムは、ビタミンCの美白作用でシミやくすみの改善に効果が期待できる美容液。

 

ビタミンCの美白作用とは、「メラニン色素の生成を抑えてシミそばかすを防ぐ働き」のことです。

 

ビタミンCの美白作用はハイドロキノンよりは弱いですが、ビタミンCにはコラーゲン生成作用や皮脂分泌抑制作用があります。

 

アンプルールのコンセントレートHQ110は、美白作用が高いハイドロキノンが配合されているスポット型の夜専用美白美容液。

 

ハイドロキノンは病院でも使用されるほど美白作用が高い成分。

 

ですので、ビタミンCでも効果がなかったシミに効果が期待できるのがハイドロキノンといえます

 

このように、ハイドロキノンは美白作用がとても強いのですが、美白作用が強い反面お肌に刺激を感じることがあるといわれています。

 

ですので、お肌が敏感な方は、トライアルからコンセントレートHQ110をお試しされるのが良いと思います。

 

ドクターソワとアンプルールの本当の違い|まとめ

ドクターソワのAPP-CフラセラムとアンプルールのホワイトラグジュアリーコンセントレートHQ110の違いをみてきました。

 

  • APP-Cフラセラムは、ビタミンCの働きで美白効果が期待できる美容液
  • コンセントレートHQ110は、ハイドロキノンの働きで美白効果が期待できる美容液

 

APP-CフラセラムとコンセントレートHQ110にはそれぞれに特徴がありますので、使用目的に合う方からお試ししてみてはと思います。

 

コンセントレートHQ110がおすすめの方

  • スポット的なシミが気になる方
  • ハイドロキノン配合の美白化粧品をお探しの方
  • 夜に集中的に美白対策を行いたい方

 

ラグジュアリーホワイト トライアルキット

 

 

APP-Cフラセラムがおすすめの方

  • ビタミンCで美白対策を始めたい方
  • ハリ・引きしめ対策も行いたい方
  • お昼も使える美白対策化粧品をお探しの方

 

APP-Cフラセラムをもっと知りたい方はこちら